自己破産という選択肢

借金のトラブルとして、もう返済することができないということも出てきます。今月はといった限定的なものではなく、どうしても返済できないという状況になってしまった場合には、自己破産という選択肢があるのです。

自己破産の場合には、返済をする義務を消滅させることができます。返済ができないような場合においても、借金事態をなくすことができますので、それ以上のトラブルに巻き込まれることもないのです。非常に効力が強い方法ですが、誰でも選択できるわけでもありません。今まで、自己破産を行ったことがあり、それも7年以内のことであれば、自己破産できない可能性が出てきます。借金の内容が、ギャンブルなど本来しないでも済むような性格の場合にも、自分の都合で自己破産できないことがあるのです。

自己破産ができない大きな理由は、自分で決定するからではありません。裁判所が、自己破産をしてもいいと認めてもらえなければ許可が出ないのです。そのため、自分の力で自己破産を進めていきたくても、裁判所に行ったりしなければいけないため、なかなかうまくいかないこともあります。司法書士や弁護士などの専門家に相談しながら進めていくほうが、確実に終わらせることができるのです。

まずは任意整理から

債務整理には、いくつかの手段があります。お金が返せない状況であっても、まずは話し合いをもって返済方法や金利を見直してもらうということも必要です。これを任意整理といいますが、まずはここからスタートする必要があるでしょう。

任意整理の場合には、その名前の通り、あくまでも任意です。債権者と債務者で話し合い、今後の方法などを決めていく形になります。何も法律で決められたりしているものではありませんので、すべてのことを決めなおすことができるといえるでしょう。返済総額や一回の返済金額、金利や返済の回数まで見直すことができるのです。任意整理に関しては、お互いで折衷案を出すことができるため、交渉次第で無理をなくすことができるようになります。

ですが、任意での選択になりますので、相手が話し合いに乗ってこなければ、何も決めることはできません。話し合いをしてくれたとしても、債権者には返済をしてもらえるということ以外には、有利なことは何もありませんので、拒否することも出てきます。高い交渉能力が必要になりますので、素人ではうまくいかないこともあるのです。なかなか都合よくいかないこともありますので、交渉の専門家である弁護士を入れたりすることで進めることも考えるべきでしょう。

債務整理で解決

生活していく以上、どうしてもお金は必要です。派手な生活をしているからといったことではなく、どんな形にせよお金がなければ生活することはできないでしょう。そんな時には、借金をする必要が出てくることもあります。借金をしてでも、生活を支えていかなければいけないということは、なにも不思議なことはありません。実際に借金をするかどうかは別としても、こういった事態になることは誰にでもあることなのです。しかし、問題となるのは、返済がうまくいくかどうかということでしょう。お金がなくて借りるのですから、返済が滞ってしまう可能性は、十二分にあるはずです。

お金が必要になるという面では、カードでの支払いなども借金といえます。借り入れという形をとってはいませんが、返済の義務があるというところで借金と変わりません。気軽に使ってしまうこともありますが、非常に危険な面をはらんでいることを忘れてはいけないのです。

こういった借金は、返済をすることができなくなり、トラブルに発展することも出てきます。返済ができずに困った多と悩むだけでは、何も解決しません。そこで、方法の一つとして、債務整理を進めてしまうことも考えられるのです。借金は、そのままにしておくと、返済を迫られるようになります。債権者からすれば、当たり前のことですが、とにかく返してもらうことを考えるのです。ですが、どうしても返せない状況ですので、こうした手段を選択肢、解決へ導く方法が債務整理だといえるでしょう。ただし、万能な方法で何でもできるわけではありません。債務整理をしてでも解決したと思っているときには、条件もありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。